平原綾香「自分のすべてを捧げて役を演じていきたい」ミュージカル『メリー・ポピンズ』主演キャストインタビュー【前編】

2004年に英国で初ミュージカル化し、18年3月より満を持して日本キャスト初演を迎える名作ミュージカル『メリー・ポピンズ』。主演のメリー役に濱田めぐみと平原綾香を、メリーの親友バート役に大貫勇輔と柿澤勇人をそれぞれダブルキャストで迎え、豪華キャストによる名作ミュージカルが上演されることに、ファンからの期待は高まっている。そこでT-FAN SITEは、主演の平原綾香と柿澤勇人にインタビューを敢行した。二人はどのようなことを思いながら、舞台に立つのか――。前編は、メリー役の平原綾香のインタビューをお届けしよう。
 
後編:柿澤勇人のインタビューはこちら
 

「歌手として何でも歌えるようになりたい」と思うようになった
 
――ミュージカルに出演するのは今作で3回目となります。アーティストとしても活動している傍ら、ミュージカルの出演を通じてご自身の中で変わったことはありますか。
 
平原綾香(以下平原) 自分の歌がとても歌いやすくなりましたね。1作目『ラブ・ネバー・ダイ』ではこれまで歌ったことがなかったオペラを歌い、2作目『ビューティフル』ではキャロル・キング(主人公のシンガーソングライター)のような盛んに歌い上げる楽曲も経験しました。自分が普段歌っている楽曲とは曲調が違う歌が多いので、声帯の周りの筋肉が鍛えられて、高い声も低い声も以前より出せるようになったのです。
私は大学までサクソフォーンを専攻してきて、歌の勉強をしてきたわけではなかったので、在学中に「Jupiter」でデビューしてから、自分の歌声と出会う長い旅をしてきたように思います。来年でデビュー15周年を迎えますが、ミュージカルを通じて「歌手として何でも歌えるようになりたい」と思うようになりました。ですので、今回の『メリー・ポピンズ』は、これまでの総集編のような気がします。いままでのスキルとミュージカルで培ったものを発揮して、自分のすべてを捧げてメリー役を演じたいと思います。
 
「平原綾香だということ」を忘れてもらえるメリーを演じたい
 
――『メリー・ポピンズ』は1964年に映画が製作されてから、2004年に初ミュージカル化されるなど、長年愛され続けている名作です。平原さんは、今回の舞台の魅力をどのように感じていますか。
 
平原 観た人なら誰もが子供に戻れる作品だと思います。いま大人の方も、「子供のころに映画を観た」という方も多いのではないでしょうか。それだけ古くからある作品ですし、いまの子供は、子供のころに観た『メリー・ポピンズ』が記憶されて大人になるので、きっとまた観ることもあるでしょう。劇場がまるでディズニーランドになるような感覚ですね。やっぱり、ディズニー作品にはそういう魅力があるんだなって思いました。
 
――メリー役をどのような気持ちで演じていきたいですか。
 
平原 皆から応援してもらえるような、そして「平原綾香だということ」を忘れてもらえるメリーを演じたいですね。メリーは、「私は完璧なの」「私が間違っても私のせいじゃない、バートのせい」みたいな、ちょっと気の強い性格なので、もしかすると皆さんから共感を得られないで終わってしまう可能性もあります。ですから、きちんと人間性を出しつつ、笑いもありの楽しいメリーを演じていきたいですね。
ただ、メリー役は本当に覚えることが多いので、まずはやるべきことをやってから役作りに専念していくつもりです。とくに劇中歌の「Supercalifragilisticexpialidocious(スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス)」は、とても早口で歌いながら踊りもあってと必死!「S・U・P・E・R……」とアルファベットを手の振りで表わす振り付けもあって(笑)。ソロで平原綾香として活動しているときは、たとえ間違っても全責任を自分で負えますが、共演者がたくさんいらっしゃるミュージカルですと、自分のミスが相手のミスにつながることもあると思うので、とてもプレッシャーを感じています。

「ミュージカルのおかげで、私の歌も強くなっている」

 
――今回は、濱田めぐみさんとダブルキャストでメリー役を務めます。濱田さんと一緒にやられていく中で、平原さん自身学ぶことはありますか。
 
平原 私は来年デビュー15周年を迎えますが、ミュージカルは3作目です。対してめぐさん(濱田)は昨年デビュー20周年を迎えられており、人生の先輩として、本当に学ぶことしかないと思っています。めぐさんの魅力は、「彼女がいるから、この作品は絶対に良くなる」という安心感。ですから、「歌が~」「演技が~」というレベルではないんですよね。
また、とても優しい方で、人間としても素晴らしいです。ミュージカル経験も浅い私にも『ラブ・ネバー・ダイ』のときはすごく優しく、逆に頼りにもしてくださいました。だから、私の人生の先輩であり、お姉さんでもあります。もちろん、一緒に出演される皆さんも優しい方ばかりで、皆さんのおかげで私はいまここにいると思っています。今回もめぐさんと関われるのがすごく嬉しいですね。
 
――今後もチャンスがあれば、ミュージカルにも果敢に挑戦していきたい、というお気持ちですか。
 
平原 そうですね。ただ、私はあくまで周囲からお声をかけていただいてから初めてチャレンジする機会がほとんどですので、今後はどうなるか分かりません。しかし、お世話になっている皆さんのおかげで、とても良い世界を見させていただいております。そのおかげで私の歌も強くなっているし、ミュージカルにはとても感謝していますね。
 
(取材・文・写真/T-FAN SITE岩瀬駿斗)
 
<『メリー・ポピンズ』Tチケット販売概要>
【公演名】
ミュージカル「メリー・ポピンズ」
【会場】
東急シアターオーブ(東京都渋谷区)
【日程】


 
【チケット料金】
S席 13,500円(税込)
★Tポイント5ポイント+ボーナスポイント500pt/枚が貯まる!
 
購入・詳細は下記をご確認ください
http://fan.tsite.jp/ticket/180325MAR

記事をシェアしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • LINE