「ラ・カージュ・オ・フォール」鹿賀丈史・市村正親のコンビ結成10周年を祝し、ニューハーフダンサー達がお祝いのパフォーマンスを披露!

初日から千穐楽まで連日のスタンディングオベーションという大成功を収めた日本版“ラ・カージュ・オ・フォール”史上最高のコンビ結成から10年! あの「ラ・カージュ・オ・フォール」のコンビが再び帰ってくる。「『ラ・カージュ・オ・フォール』10th アニバーサリー・パーティ」が、東京・六本木金魚にて開催された。この10年の熟成を経たヴィンテージ公演について、鹿賀丈史&市村正親が大いにその意気込みを披露した。

 


鹿賀丈史、市村正親

「ラ・カージュ・オ・フォール」は、ゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のオーナー・ジョルジュと、看板スターのザザことアルバンが繰り広げるミュージカルコメディ。今回、六本木金魚で行われたイベントには、約1500通の応募の中から選ばれた50人のオーディエンスが招かれた。
まず、ニューハーフダンサー10人による劇中歌「ありのままの私」のパフォーマンスからスタート。その後、鹿賀と市村が舞台に現れ、オーディエンスに手を振り挨拶。ジョルジュ役の鹿賀が「女房のほうは仕事の都合でひげを生やしてますが、われわれが夫婦になって10年経ちました」。と笑いをとると、これに対して市村も「こんなひげの生えた私でも、邪険にしないで末長くかわいがってくれたらうれしいなと思います。」と息の合ったところを見せた。

 

このミュージカルが続いている理由を聞かれた鹿賀は、「家族愛という普遍的なテーマのコメディミュージカルで、最後は涙を流していただけるようなよくできたミュージカルだと思います。」と。また市村は、「『ラ・カージュ』の音楽が始まった瞬間に心が掴まれるような曲のよさ、ゲイの話だけども自分の気持ちをあらわしてくれるようなミュージカル。初日から千秋楽までずっとスタンディングオベーションをしていただいているのを見て、お客様が本当に感動してくれるということを感じる。」と。さらに、劇団時代から45年、「ラ・カージュ」でコンビ結成10周年の気持ちを聞かれて、鹿賀は「若い頃はまさか夫婦役をやるとは思っていなかったし、この作品を始めた時はこんなに長く続くとは思わなかった。10年目ではあるけど、新しい『ラ・カージュ』を観て欲しいです。」とコメントし、一方の市村は「最近は会うと「腰はどう?」とか「膝はどう?」とか「血圧はどう?」とか「尿酸値はどう?」なんていう話になります。少しでも長くこの『ラ・カージュ』を上演し続けられるように自主トレを頑張ります(笑)」と話し、「今回は、今までとはまた違った新鮮な気持ちで『ラ・カージュ』をやれそうな気がしています」とファンへの意気込みを語った。最後に鹿賀は「しっかり稽古をして、より一層充実した舞台にしたいと思っております」と本番に向けての意気込みを語り、市村は「この作品を、カンパニーのみんなと一緒に日生劇場で上演できることを幸せに思っています。それでは劇場でお会いしましょう。」とファンにメッセージを送った。
 

【STORY】

南仏サントロペのゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のオーナーのジョルジュ(鹿賀丈史)と、看板スターの“ザザ”ことアルバン(市村正親)は20年間同棲し、事実上の夫婦として生活してきた。アルバンはこのところふさぎこんでいて、ショーの出番に遅れることもしばしば。愚痴をこぼすアルバンとそのご機嫌をとるジョルジュ―いわばふたりは倦怠期なのだ。ジョルジュには、24年前の過ち(?)から生まれた最愛の息子ジャン・ミッシェル(木村達成)がいるが、アルバンが母親代わりとなって手塩にかけて育ててきた。そんなある日、ジャン・ミッシェルが突然結婚を宣言。その結婚相手が、よりにもよってゲイクラブを厳しく取り締まるべきだと主張する政治家ダンドン議員夫妻(今井清隆&森公美子)の娘アンヌ(愛原実花)で、家族揃って挨拶に来ることになったので、さあ一大事!
 
ジャン・ミッシェルはジョルジュに、一晩だけマトモな家族に見えるよう取り繕ってくれるよう懇願し、そのうえ、ずっと会っていない実の母親を呼んで欲しいと頼みこむ。それを聞いたアルバンは深く傷つくが、ジョルジュの説得によりジャン・ミッシェルの頼みを受け入れ、叔父として同席するために慣れない“男装”の訓練をするハメに。ところが、実の母親が急きょ来られなくなってしまい事態はさらに複雑に!
 
アルバンはついに、女装して母親としてダンドン一家と対面することを決意、馴染みのジャクリーヌ(香寿たつき)の店での食事会はひとまず大成功に終わるはずだったのだが…。

 
 

Tチケットでは、「ラ・カージュ・オ・フォール」東京・日生劇場公演のチケットを発売中!
チケット1枚につきTポイントが900pt貯まるお得なチケットで楽しもう。

 
 

『ラ・カージュ・オ・フォール』 Tチケット販売概要
【取扱日程】

【チケット料金】
S席 一般 13,000円(税込)
★チケット1枚につきTポイントが900pt貯まる!

※お座席は公演当日ご入場時のお知らせとなります。
※未就学児童入場不可
※お一人様4枚まで

「ラ・カージュ・オ・フォール」のTチケット販売・詳細はこちら

 
 

『ラ・カージュ・オ・フォール』 公演概要

2018年3月9日(金)~31日(土)
東京都 日生劇場

2018年4月13日(金)~15日(日)
静岡県 静岡市清水文化会館(マリナート)

2018年4月20日(金)~22日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

原作:ジャン・ポワレ
脚本:ハーベイ・ファイアスティン
作詞・作曲:ジェリー・ハーマン
翻訳:丹野郁弓
訳詞:岩谷時子、滝弘太郎、青井陽治
演出:山田和也
オリジナル振付:スコット・サーモン

 

キャスト
ジョルジュ:鹿賀丈史
アルバン(ザザ):市村正親

 

ジャン・ミッシェル:木村達成
アンヌ:愛原実花
ハンナ:真島茂樹
シャンタル:新納慎也
ジャクリーヌ:香寿たつき
ダンドン議員:今井清隆
ダンドン夫人:森公美子
ほか

(文・写真 T-FANSITE)

記事をシェアしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • LINE