島崎遥香がサックスで特別出演!「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」東京公演初日は盛況裏に閉幕

アイドルグループ・AKB48の元メンバーであり、現在は女優として活躍する島崎遥香が、8月15日に東急シアターオーブ(東京都渋谷区)で開催されたエンタテインメントショー「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」にスペシャルゲストとして出演した。今年4月に本公演の応援サポーターに就任し、中学生時代は吹奏楽部でサックスを担当していたという島崎は、「不十分な点はあったが、リハーサルで皆さんと合わせた中では一番の出来だった」と満足気に語った。
すべての写真(全7枚)を見る


島崎遥香



島崎「こんな機会はもうないかもしれない」

島崎遥香は、公演後半に披露されたディズニー楽曲「アンダー・ザ・シー」(『リトル・マーメイド』より)にアルトサックスとして特別出演。星柄の赤いスーツを纏い、髪型もオールバックで気合十分の様子。終盤のアンコールでは、「ミッキーマウス・マーチ」を笑顔で演奏し、大歓声の中閉幕した。


終演後、報道陣による囲み取材を行い、「ブラスト!」の日本人キャストである石川直(パーカッション)・本庄千穂(バトン)・和田拓也(ビジュアル・アンサンブル)・米所裕夢(トランペット)・藤井麻由(ビジュアル・アンサンブル/バトン)の5人と、応援サポーターの島崎が登壇。島崎は演奏を終えた感想について、「プロの方々の中に一人アマチュアが入ったにも関わらず、ゲスト扱いもしていただいて、こんなに有難いことはない。こんな機会はもうないのではないかと思う」と興奮気味に語った。


島崎は現在、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演しており、今回の舞台出演のための練習時間は「7日間ほどだった」という。「もっと時間をかけて練習できていたら、自分自身も納得のいくパフォーマンスができたし、お客さんにも喜んでもらえたと思う。またこのような機会があったら、ぜひ出たい」と意欲をみせた。
島崎のパフォーマンスを見た石川は、「本番慣れしていると感じた。短い時間の中であっても舞台に持っていける能力は素晴らしいと思う。本番も楽しんでくれて良かった」とコメントした。


「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」は、2017年7月から全47都道府県ツアーを敢行。8月15~30日の期間では、東急シアターオーブで東京公演を全21公演実施し、その後は10月上旬まで各都道府県を回る予定だ。


日本人キャストの皆さんと一緒に。(写真左から)和田拓也・本庄千穂・石川直・島崎遥香・米所裕夢・藤井麻由

(取材・文/T-FAN SITE)
写真/(c)taro

記事をシェアしよう

  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • LINE